お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 164件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IN, NS
(併催)
2021-03-05
15:30
ONLINE オンライン開催 長距離無線通信の支援によるチャネル予約と中継局選択を導入した無線LAN通信による衝突防止型マルチホップ伝送法
永吉涼佑谷川陽祐戸出英樹阪府大NS2020-167
無線LANは使用料や使用契約が不要であるという利点をもつため,スマートフォンやタブレット端末等のユーザの多くは,無線LA... [more] NS2020-167
pp.262-268
RCS, AP, UWT
(併催)
2020-11-26
11:45
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]海底光無線通信技術と新たなネットワークへの展開
小玉崇宏香川大)・井上文彰阪大)・木村共孝同志社大AP2020-87 RCS2020-126
大容量通信に優れた水中光無線通信の研究開発は,今後のIoT技術による海底探査技術や海底観測技術の飛躍的な発展のために重要... [more] AP2020-87 RCS2020-126
pp.78-82(AP), pp.93-97(RCS)
IA 2020-11-09
16:42
北海道 札幌 and オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
RBCP:WSNにおけるマルチパスに対応した高速画像収集プロトコル
嶋田恵大森 康祐寺岡文男慶大IA2020-23
近年 IoT 機器の増大に伴い,無線通信可能なバッテリ駆動のセンサデバイスのみで構成されるワイヤレスセンサネットワーク ... [more] IA2020-23
pp.33-40
CS, IN, NS, NV
(併催)
2020-09-11
15:10
ONLINE オンライン開催 無線マルチホップネットワークにおける機械学習を用いたルーティング手法
田中優希鈴木裕幸小山明夫山形大NS2020-50
無線ネットワークの利用エリアを拡張する試みとして,無線マルチホップネットワークの研究が以前より盛んに行われている.無線マ... [more] NS2020-50
pp.51-56
NS, IN
(併催)
2020-03-05
09:50
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
長距離無線通信の支援による無線LAN通信を用いたマルチホップ伝送法
永吉涼佑谷川陽祐戸出英樹阪府大NS2019-179
無線LAN は使用料や使用契約が不要であるという利点をもつため,スマートフォンやタブレット端末等のユーザの多くは,無線L... [more] NS2019-179
pp.13-19
RISING
(第二種研究会)
2019-11-26
14:10
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [ポスター講演]無線マルチホップネットワークにおける真正粘菌に基づく経路多様化手法
片田寛志早大)・山崎 託三好 匠芝浦工大)・嶋本 薫田中良明早大
無線マルチホップネットワークでは,通信の干渉,端末の電力枯渇など,様々な要因により中継に適した経路が変化する.そのため,... [more]
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2019-11-22
10:15
兵庫 神戸大学 六甲台第2キャンパス パケット生成レートが不均一な直列センサネットワークにおける転送スケジュール
吉田良亮木村亮太柴田将拡鶴 正人九工大CQ2019-98
通信インフラが未整備な山間部の送電用鉄塔網等をセンサーによって遠隔監視するための,センサーとつないだ中継ノードを簡易な無... [more] CQ2019-98
pp.53-58
NS 2019-05-16
15:35
東京 工学院大学 新宿キャンパス [招待講演]データ主導社会での無線ネットワークプロトコル開発
川本康貴濱上卓磨OKI)・四方博之関西大)・宮本龍介明大)・原 晋介阪市大NS2019-27
データ主導社会におけるマルチホップネットワークについて議論する.まず,データ主導型社会のネットワークに求められる機能や特... [more] NS2019-27
p.43
EMCJ, MICT
(併催)
2019-03-15
11:05
東京 機械振興会館 生体データ収集システムにおける無線センサノードの装着位置が伝送特性に与える影響
丸尾博人小倉裕史原 晋介阪市大)・濱上卓磨川本康貴OKI)・四方博之関西大MICT2018-68
運動している人間にセンサノードを装着し,ワイヤレスを使って生体情報をリアルタイムに収集するシステムでは,運動の妨げになら... [more] MICT2018-68
pp.1-4
ASN 2019-01-29
14:25
鹿児島 休暇村 指宿 [ポスター講演]無線マルチホップネットワークにおけるネットワーク可視化システムの設計
向井亮一大田知行角田良明広島市大ASN2018-98
現在,モバイル端末などはセルラ通信と近距離無線通信の通信装置を備えている.さらに,固定の無線インフラストラクチャに依存し... [more] ASN2018-98
pp.105-108
SR 2018-05-25
10:00
東京 東京ビッグサイト(ワイヤレステクノロジー・パーク(WTP)2018会場内) [技術展示]Energy-Neutral Receiver-Initiated (ENRI) MACプロトコルに基づくバッテリーレス無線センサネットワーク
川口達広田邉 稜石橋功至電通大SR2018-20
本研究では,端末間の時間同期を必要としない受信機駆動型の媒体アクセス制御 (MAC: Medium Access Con... [more] SR2018-20
pp.115-119
CS, CAS
(共催)
2018-03-12
13:10
福岡 九州大学 西新プラザ マルチホップ無線通信における高性能双方向協力中継伝送方式に関する検討
西塚 竣周 虹阪工大CAS2017-139 CS2017-93
本論文では、マルチホップ無線通信の伝送性能を改善するために高性能双方向協力中継伝送方式を提案する。提案方式がネットワーク... [more] CAS2017-139 CS2017-93
pp.35-39
CS, CAS
(共催)
2018-03-12
13:35
福岡 九州大学 西新プラザ マルチホップ無線通信における双方向中継伝送方式のハードウェア実験による性能評価
西辻拓人周 虹熊本和夫阪工大CAS2017-140 CS2017-94
本研究では,ソフトウェア無線プラットフォームUSRPと計測器制御・システム開発用ソフトウェアLabVIEWを用いて, ネ... [more] CAS2017-140 CS2017-94
pp.41-45
NS, IN
(併催)
2018-03-01
09:20
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート モバイルエッジコンピューティングにおけるQoS最適VM移動制御
菊池 潤名大)・策力木格電通大)・計 宇生NII)・村瀬 勉名大IN2017-98
モバイルエッジコンピューティング(MEC)において、無線ネットワークとエッジサーバの輻輳によりアプリケーションのTCPス... [more] IN2017-98
pp.51-56
NS, IN
(併催)
2018-03-02
10:30
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート 省電力無線マルチホップネットワークにおける親ノード探索時間短縮アルゴリズムのフィールド評価
土江康太八百健嗣OKI)・寺西裕一NICTIN2017-125
省電力マルチホップセンサネットワークの課題の1つに,ネットワーク加入時の親ノード探索時間の短縮がある.この課題に対し,我... [more] IN2017-125
pp.213-218
IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(共催)
MoNA, ASN
(併催)
(連催) [詳細]
2018-02-27
10:30
東京 上智大学 無線電力伝送型センサネットワークにおけるドローンを用いた充電・データ収集法に関する一検討
長石 涼四方博之関西大ASN2017-117
Wireless Sensor Networks(WSN)の問題であるセンサノードのバッテリ交換を不必要とする無線電力伝... [more] ASN2017-117
pp.179-184
CQ 2017-08-28
11:05
東京 東京理科大学 素早いネットワーク災害復旧のための無線中継局の効率的な配置
鐘 雷計 宇生NII)・鷹野 澄東大)・山田茂樹NII)・薛 国良アリゾナ州立大CQ2017-51
近年、モバイル通信の重要性が増しており、地震などの自然災害時にネットワーク災害復旧はモバイルネットワークオペレーターやフ... [more] CQ2017-51
pp.7-12
SRW 2017-08-21
14:30
京都 京都大学 [招待講演]データ主導社会におけるマルチホップネットワーク
川本康貴OKISRW2017-15
データ主導社会におけるマルチホップネットワークのあり方について議論したい。
データ主導社会ではネットワークへの要求はス... [more]
SRW2017-15
p.35
NS, ASN, RCC, RCS, SR
(併催)
2017-07-21
14:35
北海道 北海道大学 直線状無線全二重通信マルチホップネットワークにおけるスループット解析
藤村 力眞田耕輔森 香津夫三重大RCC2017-49 NS2017-66 RCS2017-141 SR2017-64 ASN2017-57
無線全二重通信とはデータフレームの送受信を行うことができる通信方式である.無線マルチホップネットワークとは,基地局などの... [more] RCC2017-49 NS2017-66 RCS2017-141 SR2017-64 ASN2017-57
pp.197-202(RCC), pp.187-192(NS), pp.251-256(RCS), pp.209-214(SR), pp.223-228(ASN)
WBS, MICT
(共催)
2017-07-14
09:55
静岡 アクトシティ浜松 研修交流センター 低アンテナ高時の920MHz帯無線伝搬特性に関する研究
小倉裕史蔡 凱田窪朋仁原 晋介阪市大WBS2017-20 MICT2017-22
920MHz帯の無線信号は,2.4GHz帯の無線信号に比較して,伝送距離がより大きいという利点を持つが,
一方では,ア... [more]
WBS2017-20 MICT2017-22
pp.69-73
 164件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会