お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 88件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
TL 2023-03-11
16:00
ONLINE オンライン開催 音声・ビデオ課題達成対話の均一的なトランスクリプト作成に向けて ~ 発話の重なりを中心に ~
谷村 緑立命館大)・川端良子国立国語研)・吉田悦子滋賀県立大)・竹内和広阪電通大
 [more]
MBE, NC
(共催)
2022-12-03
13:30
大阪 大阪電気通信大学 寝屋川キャンパス Complex Demodulation法によるspindle波検出
玉元由果莉阪電通大)・藤江建朗森ノ宮医療大)・中村英夫阪電通大MBE2022-24 NC2022-46
本研究は,時間周波数解析法の一種であるComplex Demodulation法(CDM)を用いて脳波中のspindle... [more] MBE2022-24 NC2022-46
p.17
OFT 2022-10-13
10:50
神奈川 かながわ県民センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]マイクロファイバを用いた屈折率センサの特性解析および作製
添田椋生木原 満阪電通大OFT2022-29
マイクロファイバを用いて河川管理用である, 河川の濁度測定が可能なセンサの実現を目標としている. 本稿ではBPMを用いて... [more] OFT2022-29
pp.43-46
COMP 2022-03-06
10:30
ONLINE オンライン開催 一般化詰中将棋問題の指数時間完全性
上嶋章宏木場裕矢大森潤一佐藤正彬阪電通大COMP2021-32
本将棋に対する詰将棋と同様に,古将棋の一種である中将棋に対し詰中将棋を定義し,盤面を$n times n$に一般化したと... [more] COMP2021-32
pp.8-15
MBE 2021-07-30
14:20
ONLINE オンライン開催 術者の身体的負荷 ~ ロボット支援下手術の有用性について ~
前田康治広島工大)・馬淵誠士奈良県立医科大)・藤江建朗森ノ宮医療大)・中村英夫阪電通大MBE2021-14
 [more] MBE2021-14
p.8
TL 2021-07-03
16:00
ONLINE オンライン開催 ELF多人数課題達成会話におけるパラ言語情報分析の課題・問題点
谷村 緑立命館大)・竹内和広阪電通大)・吉田悦子三重大TL2021-4
本稿ではELF (English as a lingua franca) 多人数課題達成会話を対象にパラ言語情報分析にお... [more] TL2021-4
pp.13-14
MBE, IEE-MBE
(連催)
2021-06-25
13:55
ONLINE オンライン開催 効率的な電気刺激を行うための筋の電気的特性の計測
小西有人阪物療大)・大窪洋樹阪電通大)・河内了輔テクノリード)・吉田正樹阪電通大MBE2021-7
 [more] MBE2021-7
p.6
ET 2021-03-06
12:30
ONLINE オンライン開催 GitHub Flow を考慮した Git 学習 Web アプリケーションの開発
木下透弥新永悦司久松潤之阪電通大ET2020-55
現在、ソフトウェアの開発にはバージョン管理システムの利用が欠かせないものとなっている。バージョン管理システムの中で、現在... [more] ET2020-55
pp.23-28
EMCJ, MICT
(併催)
2021-03-05
10:55
ONLINE オンライン開催 頸部誘導型デバイスを用いた脈波伝播時間の計測と最高血圧の推定
谷 国門水口龍太水野裕志松村雅史阪電通大MICT2020-34
現在、死因の1/4を占めている循環器疾患の原因として高血圧症がある。高血圧症の早期発見に日常生活下での血圧の連続測定が重... [more] MICT2020-34
pp.7-10
ET 2021-01-23
13:30
ONLINE オンライン開催 coil式学習法を利用した英単語学習webシステムの提案および評価
木下透弥久松潤之阪電通大ET2020-47
本稿では、coil(Combination Of Initial Letters)式学習法を利用した英単語学習
web... [more]
ET2020-47
pp.7-12
HIP 2019-10-31
15:10
京都 京都テルサ 眼鏡のテンプル部に固定したカメラを用いた簡易眼球運動計測
疋田真一橋田慎吾阪電通大HIP2019-62
眼球運動を簡便かつ低コストで計測できる装置があれば,視線を利用したロボットへの意思伝達や情報機器のハンズフリー操作など日... [more] HIP2019-62
pp.71-73
IT, EMM
(共催)
2018-05-17
16:25
東京 東京工業大学(大岡山キャンパス) 部分和判定問題に基づくナップザック公開鍵暗号への攻撃法
境 隆一村上恭通阪電通大IT2018-6 EMM2018-6
部分和判定問題を用いたナップザック公開鍵暗号の1つに,暗号文を1ビットにすることにより,暗号文密度を高めて低密度攻撃を困... [more] IT2018-6 EMM2018-6
pp.31-34
WBS, IT, ISEC
(共催)
2018-03-09
16:10
東京 東京理科大(葛飾キャンパス) 幾つかの多次多変数暗号に対する攻撃法について ~ K(AVII)MVPKCへの攻撃 ~
境 隆一阪電通大)・笠原正雄早大IT2017-138 ISEC2017-126 WBS2017-119
著者のうちの一人,笠原は公開鍵暗号に応用することを目標にして疑似ランダム連立方程式を組織的に構成する手法を提案してきてい... [more] IT2017-138 ISEC2017-126 WBS2017-119
pp.207-212
IA 2017-11-15
16:30
海外 KMITL, タイ・バンコク [ポスター講演]Research and development on layered cloud computing for collection and analysis of vehicle sensor data
Toyokazu AkiyamaYukiko KawaiKyoto Sangyo Univ.)・Tsuneo JozenOsaka Electro-Communication Univ.)・Tatsuro MiuraKyoto Univ.)・Junji NishidaRyuichi YoshidaKaori OtaJRISS)・Ismail AraiNAISTIA2017-40
 [more] IA2017-40
p.47
HIP 2017-10-23
13:50
京都 京都テルサ 眼球側面画像を利用した視線インタフェースの開発
阪口勝彦疋田真一阪電通大HIP2017-57
日常生活の様々な場面で視線によるハンズフリー入力を実現するためには,ウェアラブルな視線計測装置が不可欠である.しかしなが... [more] HIP2017-57
pp.9-12
AP 2017-04-20
15:50
大阪 大阪大学 大規模なFDTD解析における遠方界の計算に関する考察
何 一偉阪電通大AP2017-10
大規模な電磁界問題をFDTD 法を用いて解析する試みがよく見られるようになっている.アンテナなどの問題では放射指向性を解... [more] AP2017-10
pp.51-54
IE, ITS
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME, ITE-MMS, ITE-CE
(共催)
(連催) [詳細]
2017-02-20
10:00
北海道 北海道大学 HEVCリアルタイム符号化処理におけるメモリ帯域と符号化効率のトレードオフを考慮したインター予測
宮島弘大藤田 玄阪電通大ITS2016-42 IE2016-100
 [more] ITS2016-42 IE2016-100
pp.1-6
IE, ITS
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME, ITE-MMS, ITE-CE
(共催)
(連催) [詳細]
2017-02-21
11:45
北海道 北海道大学 HEVCにおける機械学習を利用したIntra/InterCUサイズ決定の高速化
蔡 豐宇古田 渓藤田 玄阪電通大ITS2016-51 IE2016-109
HEVC(High Efficiency Video Coding)は符号化の演算量が大きいという問題点があり、特にCU... [more] ITS2016-51 IE2016-109
pp.241-245
MSS, SS
(共催)
2017-01-27
10:00
京都 京都工芸繊維大学 60周年記念館 2階大セミナー室 マルチレイヤー・セルオートマトン・シミュレータの設計と応用
上川直紀梅尾博司阪電通大MSS2016-69 SS2016-48
セルオートマトン(CA)はJ. von Neumannにより考案された並列計算モデルの一つであり, 現在では, 複雑系な... [more] MSS2016-69 SS2016-48
pp.71-76
CAS, NLP
(共催)
2016-10-27
14:20
東京 日立中央研究所 マルチレイヤー・セルオートマトンを用いた耐故障性一斉射撃アルゴリズムの実装
上川直紀梅尾博司阪電通大CAS2016-46 NLP2016-72
 [more] CAS2016-46 NLP2016-72
pp.43-47
 88件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会