お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 501件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2024-03-19
16:25
茨城 筑波技術大学春日キャンパス講堂
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ロボット介護機器開発における環境整備の動向について
梶谷 勇産総研)・秋山靖博信州大)・大畑光司北陸大WIT2023-57
高齢者の自立支援や介護者の負担軽減に資するロボット介護機器の開発と利活用が広まっているが,今後の介護労働者不足に対し,開... [more] WIT2023-57
pp.80-83
KBSE 2024-03-14
13:45
沖縄 沖縄県総合福祉センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ユーザの性格特性に基づくシステム安全性検証に関する一考察
成澤瑠佳小形真平信州大)・青木善貴BIPROGY)・中川博之阪大)・小林一樹岡野浩三信州大KBSE2023-72
人に危害を及ぼさないシステムを開発するためには,設計段階から安全性を考慮することが重要である.近年では,利用者の性格特性... [more] KBSE2023-72
pp.43-48
KBSE 2024-03-14
15:40
沖縄 沖縄県総合福祉センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
パーソナライズされたシールディングを用いた自動運転における知覚安全性向上のためのアプローチ
阿部凌太郎李 家隆蔡 金雨早大)・本位田真一NII)・鄭 顕志東工大KBSE2023-76
この研究では,自動運転システムにおける新しい強化学習(RL)手法,Personalized Perceived Safe... [more] KBSE2023-76
pp.67-72
KBSE 2024-03-14
16:20
沖縄 沖縄県総合福祉センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
段階的離散制御器合成におけるStepwise Policy設計の自動化
山内拓人早大)・鄭 顕志東工大)・本位田真一早大KBSE2023-77
想定される動作環境下において安全性が保証された動作仕様を自動合成する技術として,離散制御器合成に関する研究が進められてき... [more] KBSE2023-77
pp.73-75
KBSE 2024-03-14
16:45
沖縄 沖縄県総合福祉センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
On-the-fly探索を用いた動的更新制御器合成
平野貴規山内拓人早大)・鄭 顕志東工大)・本位田真一NIIKBSE2023-78
継続的な運用が求められる離散事象システムにおいて,運用を停止せずに更新することが求められる.動的更新制御器合成とは,更新... [more] KBSE2023-78
pp.76-78
RCC, ISEC, IT, WBS
(共催)
2024-03-13
10:45
大阪 大阪大学吹田キャンパス 複数の伴生成局を持つIDベース暗号における緊密なIND-CCA安全性帰着の不可能性に関する考察
鈴木裕大藤岡 淳神奈川大)・永井 彰NTT社会研IT2023-81 ISEC2023-80 WBS2023-69 RCC2023-63
複数の鍵生成局を持つIDベース暗号(Identity-Based Encryption with Multiple Pr... [more] IT2023-81 ISEC2023-80 WBS2023-69 RCC2023-63
pp.38-43
RCC, ISEC, IT, WBS
(共催)
2024-03-13
11:10
大阪 大阪大学吹田キャンパス 5パス本人確認方式の健全性の再考察
黒木大悟竹牟禮 薫サントソ バグス電通大IT2023-82 ISEC2023-81 WBS2023-70 RCC2023-64
5パス本人確認方式の安全性については、これまで、次のように大まかにしか分析されてこなかった。
まず、1ラウンドで受理さ... [more]
IT2023-82 ISEC2023-81 WBS2023-70 RCC2023-64
pp.44-51
AI, JSAI-SAI, JSAI-DOCMAS, IPSJ-ICS, JSAI-KBS
(併催)
2024-03-03
18:00
北海道 ルスツリゾート
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
愛知県における交通事故特徴の空間分析
安藤圭祐内種岳詞愛知工大)・向 直人椙山女学園大)・岩田員典愛知大)・伊藤暢浩愛知工大AI2023-46
交通安全の研究分野では,交通事故のリスクを定量的に推定し,危険な地域を検出する方法が盛んに研究されている.一方で,交通事... [more] AI2023-46
pp.12-17
ITS, IE
(共催)
ITE-MMS, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
(連催) [詳細]
2024-02-20
15:45
北海道 北海道大学 緊急自動ブレーキシステムの普及のシナリオにおける事故削減効果について
千葉雅弘長谷川孝明埼玉大ITS2023-77 IE2023-66
本稿では,緊急自動ブレーキ(Autonomous Emergency Braking: AEB)システムをマイクロスコピ... [more] ITS2023-77 IE2023-66
pp.169-176
ITS, WBS, RCC
(共催)
2023-12-22
11:45
沖縄 みんなの貸会議室 那覇泉崎店
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
バスの自動走行における安全性検証のためのシミュレーションに関する一検討
大川 彪金 帝演鶴岡高専)・毋 岩斌髙橋幸也熊谷 徹橋本尚久産総研WBS2023-55 ITS2023-38 RCC2023-49
自動運転における実環境下での安全性検証にはコストや外部センサーの物理的制約など様々な問題がある。このような問題を解決する... [more] WBS2023-55 ITS2023-38 RCC2023-49
pp.138-143
R 2023-12-07
15:40
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
機能安全における安全関連系に係る総合信頼性/リスク特性値 ~ MTTFF,危険側故障率λ及び修復率μの定式化 ~
川島 興オリエンタルモーター)・佐藤吉信医療の質向上研R2023-53
現行の機能安全規格が規定している作動要求と安全関連系の信頼性特性との間における独立性の要求事項に対して,全体システムがこ... [more] R2023-53
pp.18-23
R 2023-12-07
16:05
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
機能安全における安全関連系に係る総合信頼性/リスク特性値の定式化 ~ プルーフテスト(PT)でフォールトが検出・事後保全されるシステムについて ~
佐藤吉信医療の質向上研R2023-54
機能安全規格が規定するSILを評価するためには,安全機能に係る危険側故障率(PFH)及び作動要求時の時間平均機能失敗確率... [more] R2023-54
pp.24-29
WIT, HI-SIGACI
(連催)
2023-12-07
13:50
東京 産総研臨海副都心センター(東京) 盲目者のための直感的歩行支援システムの検討
村瀬雄大上岡英史芝浦工大)・金丸真奈美東京電機大WIT2023-33
盲目者のための歩行支援は,非常に重要な社会課題である.白杖を使用する歩行は,盲目者自身が障害物の検知から回避までを自身で... [more] WIT2023-33
pp.47-52
IA 2023-11-22
16:50
青森 青森県観光物産館アスパム(青森)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
スパムメール分析のための個人情報保護対策の手法の考察 ~ 通報されたスパムメールの活用の留意点について ~
島本幸夫後藤厚宏情報セキュリティ大IA2023-42
スパム詐欺メールが通報された際、情報セキュリティ技術の向上を目指す多くの研究者が分析できるようにデータを共有化することが... [more] IA2023-42
pp.41-47
MSS, CAS
(共催)
IPSJ-AL
(連催) [詳細]
2023-11-16
17:30
沖縄 那覇市IT創造館 高次制御バリア関数を用いた計算遅延を考慮した離散時間安全制御
潮 俊光南山大CAS2023-73 MSS2023-43
安全なデジタル制御において計算遅延による安全性への影響は重要な問題である.本報告では,まず,計算遅延を考慮した離散時間シ... [more] CAS2023-73 MSS2023-43
pp.69-74
LOIS, SITE, ISEC
(共催)
2023-11-09
13:30
広島 サテライトキャンパスひろしま 502大講義室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Winternitz署名の最適化:Median-sum署名方式
本多志成楫 勇一名大ISEC2023-57 SITE2023-51 LOIS2023-15
数論的問題に依拠した電子署名は,量子コンピュータにより危殆化される可能性がある.Winternitzワンタイム署名(OT... [more] ISEC2023-57 SITE2023-51 LOIS2023-15
pp.18-25
R 2023-11-03
13:30
石川 金沢商工会議所
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
連続時間マルコフ連鎖に基づく安全関連系の最適保全方策
井上真二関西大)・山田 茂鳥取大R2023-44
安全関連系に対するプルーフテストは,運用時において頻繁に実施される自己診断機能では検出できないフォールト(DUフォールト... [more] R2023-44
pp.1-6
R 2023-11-03
15:20
石川 金沢商工会議所
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
SOTIF評価に係る機能完遂時間とプロセス安全時間の定式化
佐藤吉信医療の質向上研R2023-48
危険事象の原因となる前兆事象が生起すると安全関連系が安全機能を作動させてシステムを安全な状態に移行させて安全を確保する枠... [more] R2023-48
pp.20-25
COMP 2023-10-24
13:30
愛知 名古屋大学 VBL Proper interval graphの安全全支配集合問題に対するアルゴリズム
荒木 徹會田康文群馬大COMP2023-11
グラフGの頂点の部分集合Sは,任意の頂点vに対して,vに隣接するSの頂点が存在するとき,全支配集合であるという。さらに,... [more] COMP2023-11
pp.1-8
R 2023-09-28
15:45
福岡 久留米大学医学部(旭町キャンパス)基礎3号館 1階セミナー室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
自己診断及び共通原因故障を有する多重防護層の機能安全評価
佐藤吉信医療の質向上研R2023-42
本論文は、まず機能安全における安全機能が多重防護層を形成するための必要十分条件を定義している.次に、多重防護層の安全機能... [more] R2023-42
pp.28-33
 501件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会