お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 26件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CQ, CBE
(併催)
2024-01-25
15:35
熊本 黒川温泉 自治会事務所
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
訂正情報拡散による集団行動問題における利己的行動の抑制に関する一考察
宮下正明篠宮紀彦創価大CQ2023-57
誤情報が人々に利己的行動を促すことで社会に損害を及ぼす集団行動問題は無視できない課題である.これに加えて,近年,問題を回... [more] CQ2023-57
pp.31-36
MIKA
(第三種研究会)
2023-10-10
15:35
沖縄 沖縄県市町村自治会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]ソーシャルネットワークにおけるインフルエンサー予測モデルの異なるドメインへの汎化性能の評価
田原幸太津川 翔筑波大
ソーシャルメディア上のインフルエンサーを特定することは、重要な研究課題の一つである。インフルエンサーの特定手法はこれまで... [more]
CQ, MIKA
(併催)
(第二種研究会)
2023-08-30
15:00
福島 天神岬スポーツ公園 [ポスター講演]格子状ネットワーク上の情報拡散過程に関する考察
坂本優太朗塩田茂雄千葉大
2次元正方格子の各格子点にユーザが存在し,各ユーザは上下左右のユーザと無向リンクにより接続しているネットワークにおいて,... [more]
MSS, CAS, SIP, VLD
(共催)
2023-07-07
15:20
北海道 小樽商科大学 3号館 102教室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
OSNにおける情報の真偽に着目した影響最大化問題に対するグリーディアルゴリズムの効果検証
吉上城大若松篤史宮下正明篠宮紀彦創価大CAS2023-28 VLD2023-28 SIP2023-44 MSS2023-28
近年普及したSNS に関して,高い宣伝効果やコミュニティの活性化などの利点が挙げられる.その一方,虚偽の情報の拡散が社会... [more] CAS2023-28 VLD2023-28 SIP2023-44 MSS2023-28
pp.143-146
NLP, MSS
(共催)
2023-03-17
10:20
長崎 長崎大学 文教キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
OSNにおける偽情報の拡散抑制に関する一考察
若松篤史宮下正明篠宮紀彦創価大MSS2022-95 NLP2022-140
オンラインソーシャルネットワークにおける偽情報の拡散が問題視されている.さまざまな対策を講じても瞬時に偽情報を排除できな... [more] MSS2022-95 NLP2022-140
pp.156-159
CQ, CBE
(併催)
2023-01-27
10:40
茨城 つくば国際会議場
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
OSNにおける情報の真偽に着目した影響最大化問題に対するグリーディアルゴリズムの効果検証
吉上城大若松篤史宮下正明篠宮紀彦創価大CQ2022-73
近年普及したSNS に関して,高い宣伝効果やコミュニティの活性化などの利点が挙げられる.その一方,虚偽の情報の拡散が社会... [more] CQ2022-73
pp.69-72
CCS 2022-11-18
10:30
三重 シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢 (伊勢市観光文化会館)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ソーシャルネットワーク上での情報拡散におけるホモフィリー性の影響の解析
古谷諭史NTT/都立大)・芝原俊樹秋山満昭NTT)・会田雅樹都立大CCS2022-55
ネットワーク上の情報拡散過程のモデル化は,ソーシャルネットワーク上の情報拡散パターンの分析やデマの拡散制御などを行う上で... [more] CCS2022-55
pp.61-66
MIKA
(第三種研究会)
2022-10-13
11:10
新潟 新潟市民プラザ(新潟)+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]ソーシャルメディアにおける情報拡散規模予測モデルの異なるドメインへの適用可能性の実験的評価
鈴木大樹津川 翔筑波大
情報拡散の連鎖を解析し、そのダイナミクスを予測することは、ネットワーク科学分野における重要な研究課題である。
本発表で... [more]

CQ, CBE
(併催)
2022-01-28
10:45
石川 金沢(石川県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
SNSにおける情報の真偽に着目した拡散抑制に関する一考察
若松篤史宮下正明篠宮紀彦創価大CQ2021-90
近年普及したSNS に関して,高い宣伝効果やコミュニティの活性化などの利点が挙げられる一方で,虚偽の情報の拡散が社会的に... [more] CQ2021-90
pp.76-81
MIKA
(第三種研究会)
2021-10-29
10:30
沖縄 沖縄県市町村自治会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]ソーシャルネットワークに対するリンク削除がソーシャルメディア上の情報拡散に与える影響の分析
古川 栞津川 翔筑波大
ソーシャルメディア上では有益な情報が広く流通している一方で、有害な情報も大きく拡散されてしま うことが問題になっている。... [more]
CAS, NLP
(共催)
2021-10-14
13:00
ONLINE オンライン開催 Social Networking Serviceのネットワーク構造と情報拡散様式に着想を得たLiquid State Machineの神経活動修飾による情報保持能力の向上
古屋洸迪佐村俊和山口大CAS2021-22 NLP2021-20
Liquid State Machine (LSM)は,再帰的な構造で過去の情報を保持し情報処理を実現する.そのため,そ... [more] CAS2021-22 NLP2021-20
pp.29-34
NLP, MSS
(併催)
2021-03-15
10:45
ONLINE オンライン開催 情報活性度を用いた情報拡散モデルと複雑ネットワークの統計的性質との関係について
若松篤史宮下正明篠宮紀彦創価大MSS2020-43
近年のソーシャルメディアの普及により,個人による情報発信が活発化し,情報拡散が社会に大きな影響を与えるようになった.
... [more]
MSS2020-43
pp.1-4
NLP, MSS
(併催)
2021-03-16
13:00
ONLINE オンライン開催 ソーシャルネットワークの情報拡散における効用最大化の考察
宮下正明笠松大佑篠宮紀彦創価大MSS2020-52
情報拡散の利点の一つは,情報の提供元の想定する価値や利益といった効用を多くのユーザーが獲得することにある.一方で,情報拡... [more] MSS2020-52
pp.43-46
CQ, CBE
(併催)
2021-01-20
13:25
ONLINE オンライン開催 ソーシャルネットワークに対するリンク削除が Twitter 上の情報拡散に与える影響に関する一考察
古川 栞津川 翔筑波大CQ2020-67
ソーシャルメディア上では有益な情報が流通している一方で、フェイクニュースなどの有害な情報も広く 拡散されることが問題とな... [more] CQ2020-67
pp.38-42
IT 2020-09-04
11:10
ONLINE オンライン開催 情報活性度と情報エントロピーを用いたソーシャルネットワークにおける情報拡散モデルの一考察
宮下正明笠松大佑篠宮紀彦創価大IT2020-22
情報通信技術の進化とソーシャルネットワーキング・サービスの普及により,ソーシャルネットワークの社会全体への影響力が強まり... [more] IT2020-22
pp.25-30
CCS, NLP
(共催)
2020-06-05
13:25
ONLINE オンライン開催 ネットワーク構造が情報拡散に与える影響の解析
ジョ ロエン澤田和弥東京理科大)・島田 裕埼玉大)・池口 徹東京理科大NLP2020-15 CCS2020-5
本稿では,固有ベクトル中心性を考慮した情報拡散の数理モデルを提案する.また,提案モデルを用いて,情報の影響力が情報拡散に... [more] NLP2020-15 CCS2020-5
pp.23-26
MSS, NLP
(併催)
2020-03-10
11:10
愛知 やすらぎの宿 蒲郡荘
(開催中止,技報発行あり)
ネットワーク中心性とコミュニティ性を考慮した情報拡散モデル
ジョ ロエン澤田和弥東京理科大)・島田 裕埼玉大)・池口 徹東京理科大NLP2019-127
本稿では,従来の情報拡散モデルをベースに,新しい情報拡散モデルを2つ提案している.具体的には,固有ベクトル中心性を考慮す... [more] NLP2019-127
pp.83-88
NLP, CAS
(共催)
2019-10-22
11:05
岐阜 岐阜大学 情報エンジンを用いたソーシャル・ネットワークにおける情報拡散モデルの一考察
宮下正明太田裕也篠宮紀彦創価大CAS2019-28 NLP2019-68
近年のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS) の世界的な普及に伴い,情報の瞬時の拡散が実社会に大きな影響を与え... [more] CAS2019-28 NLP2019-68
pp.29-32
ICTSSL, IN
(連催) ※学会内は併催
2019-10-17
10:25
大分 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza 格子状道路網の情報フローティングにおける送信可能エリアの動的制御に関する考察
宮北和之成田郁也中野敬介新潟大ICTSSL2019-17 IN2019-31
情報フローティング(Information Floating: IF)は,エピデミック通信における情報送信を送信可能エリ... [more] ICTSSL2019-17 IN2019-31
pp.5-9
IA, IN
(併催)
2018-12-14
09:45
広島 広島大学 東千田未来創生センター キーワード検索で収集されるTwitterデータの特徴とTwitter上の情報拡散過程
塩田茂雄南川雅人中島圭佑千葉大IN2018-64
本稿では,Twitter APIを通してキーワード検索により収集したツイートデータを分析し,(1)現実の事象に関するキー... [more] IN2018-64
pp.31-36
 26件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会