お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 312件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS 2024-04-26
11:00
広島 天然温泉尾道ふれあいの里
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]協調型自動運転の信頼性向上のためのマルチパス冗長通信フレームワーク開発及び実証評価
中里 仁東大RCS2024-9
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] RCS2024-9
p.46
RCS, SR, SRW
(併催)
2024-03-14
10:55
東京 東京大学本郷キャンパス + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
105 GHz室内近接高速通信に向けた会議室デスクトップ環境における遅延プロファイル特性評価
橋本深広香田優介大見則親原田博司京大SRW2023-61
本稿では,会議室デスクトップ環境における105 GHz帯域での電波伝搬チャネル測定を実施した結果について報告し,同環境で... [more] SRW2023-61
pp.78-83
RCS, SR, SRW
(併催)
2024-03-14
11:20
東京 東京大学本郷キャンパス + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
テラヘルツ帯におけるアンテナ回転によって測定された電力遅延プロファイル時刻補正手法
遠藤浩明・○香田優介大見則親原田博司京大SRW2023-62
近年,広い帯域を利用することができるサブテラヘルツ波無線通信が注目されている.サブテラヘル ツ波無線通信では指向性アンテ... [more] SRW2023-62
pp.84-89
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2024-03-13
10:10
沖縄 宮古島市未来創造センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
FPGAを用いた異種無線の多重経路通信制御装置における通信冗長度調整機構の実装
大島浩太東京海洋大)・矢野陽介iD)・柏木岳彦電通大SITE2023-87 IA2023-93
Wi-FiやLTE等の無線通信を用いる移動体制御や遠隔監視では,移動体周囲のアクセスポイントや基地局の配置状況,移動中の... [more] SITE2023-87 IA2023-93
pp.117-122
NS, IN
(併催)
2024-03-01
13:25
沖縄 沖縄コンベンションセンター 空域の混雑と利用者の公平性を考慮したUAV分散管理手法
原口隆彦芝浦工大)・片田寛志早大)・山崎 託三好 匠芝浦工大)・山本 嶺電通大)・上田清志日大NS2023-243
無人航空機(UAV: Unmanned aerial vehicle)は,配送サービスなど様々な場面での活用が期待されて... [more] NS2023-243
pp.417-422
ITS, IE
(共催)
ITE-MMS, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
(連催) [詳細]
2024-02-20
15:15
北海道 北海道大学 車両上複数受信機によるローカルDGNSSを利用した車両間距離推定手法の検討
松村尚汰羽多野裕之眞田耕輔森 香津夫三重大ITS2023-75 IE2023-64
安全で快適な車両走行のために車両間距離の推定は重要である.本研究ではGNSSを用いた車両間距離推定を検討する.車両間距離... [more] ITS2023-75 IE2023-64
pp.157-162
AP, WPT
(併催)
2024-01-17
13:50
新潟 新潟大学駅南キャンパスときめいと
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]Outdoor THz Channel Measurement at 300GHz for Ultra-High Data-Rate Wireless Access in An Open Square
Minghe MaoRiku TakahashiNoa SatoMinseok KimNiigata Univ.AP2023-162
This report details a double-directional angle-resolved wide... [more] AP2023-162
pp.13-18
OCS, CS
(併催)
2024-01-11
14:20
鹿児島 鹿児島市勤労者交流センター 短尺マルチコアファイバからなるSDM用光デバイスにおけるマルチパス干渉の特性とシステムへの影響
中田享佑香川大)・松野佑亮古河電工)・内田雄大香川大)・高橋正典古河電工)・田原理加和泉拓真香川大)・杉崎隆一古河電工)・神野正彦香川大OCS2023-57
カットオフ波長が異なる2種類のマルチコアファイバ(MCF)を用いて, それぞれのMCFを短尺でカスケード接続した際に発生... [more] OCS2023-57
pp.1-6
AP
(第二種研究会)
2023-12-07
14:55
和歌山 紀望館(南紀白浜) 再使用ロケットにおける離着陸時のマルチパス影響評価結果
浅村 彩川邊 泉川原康介砂見幸之JAXA
再使用ロケットの離着陸時に用いる飛行安全管制用の通信システム設計を行うために、地表面の反射波を考慮したマルチパスの影響を... [more]
AP 2023-10-19
10:00
岩手 岩手大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]Preliminary Study of Angle-of-Arrival based Indoor Localization Methods using Distributed MIMO Sensors
Koularp ThongsavanhTogo IkegamiMinseok KimNiigata Univ.AP2023-91
In recent years, the proliferation of smart devices, the Int... [more] AP2023-91
pp.19-24
MIKA
(第三種研究会)
2023-10-10
15:35
沖縄 沖縄県市町村自治会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]品質予測に基づいたマルチパス通信により安定した無線通信を実現する協調型インフラ基盤の検討 ~ 自動運転の遠隔監視への適用に向けた取り組み ~
藤永岳浩森 美華河野太一東條琢也NTT
日本でもドライバーレスでの運行が可能なレベル4の自動運転が解禁されたが,運行するためには遠隔からの映像による監視をする必... [more]
MIKA
(第三種研究会)
2023-10-11
14:30
沖縄 沖縄県市町村自治会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]反射点分布を用いたIRS配置点手法における測定点クラスタリングに関する検討
山岸直輝松田崇弘都立大)・菅沼碩文満井 勉アンリツ
ミリ波・テラヘルツといった高周波数帯の通信において基地局 (BS)のカバレッジを拡大するために,IRS (Intelli... [more]
NS 2023-10-04
10:20
北海道 北海道大学 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
自動運転遠隔監視に向けた無線品質に基づく複数回線制御方式の提案
小松聖矢岩澤宏紀河野太一東條琢也NTTNS2023-67
近年,特定条件下でシステムが全運転タスクを実施する自動運転レベル4の実証が活発に行われている.また,令和4年度に道路交通... [more] NS2023-67
pp.1-6
NS, IN, CS, NV
(併催)
2023-09-07
13:00
宮城 東北大学 電気通信研究所
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[特別招待講演]極浅海域における音響探知と水中通信の課題及び対策
太田和彦金沢工大NS2023-50 IN2023-28 CS2023-59
近年,沿岸域では洋上風力発電装置の設置が進められつつあり,稼働時の放射音や建設時の打設音等がどの範囲まで海洋音響環境に影... [more] NS2023-50 IN2023-28 CS2023-59
pp.1-4
CQ, MIKA
(併催)
2023-09-01
09:00
福島 天神岬スポーツ公園 [依頼講演]屋外マルチパス環境における反射点分布推定に基づくIRS配置手法に関する検討
山岸直輝松田崇弘都立大)・菅沼碩文満井 勉アンリツCQ2023-33
ミリ波・テラヘルツといった高周波数帯の通信において基地局 (BS) のカバレッジを拡大するために,IRS (Intell... [more] CQ2023-33
pp.44-49
ICM 2023-07-13
14:50
北海道 サンリフレ函館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
1対多ファイル転送のためのIn-network cacheを利用した複数経路マルチキャストの最適スケジュール
福田亮太柴田将拡鶴 正人九工大ICM2023-15
分散配置されたデータセンタ間での巨大ファイルの複製・移動によるトラヒック量の急増に対応するため,高速かつ高効率な1対多フ... [more] ICM2023-15
pp.25-30
RCS, IN, NV
(併催)
2023-05-25
11:30
神奈川 慶應大学 日吉キャンパス + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ユーザ満足度向上のための複合要求分布に基づく複数無線方式リソース制御技術
永野航太郎アベセカラ ヒランタ岸田 朗淺井裕介鷹取泰司NTTRCS2023-17
近年の移動端末の普及により,ネットワーク内に様々な要求をもつユーザやアプリケーションが混在する環境がつくられてきている.... [more] RCS2023-17
pp.18-22
AP 2023-03-16
14:10
富山 富山県民会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
300 GHz帯の人体近傍におけるマルチパス角度特性の一検討
今関航也臼井唯翔中林寛暁枚田明彦千葉工大AP2022-237
近年,Beyond 5Gにおいて,ミリ波通信をテラヘルツ帯で中継するRadio over Terahertz技術の適用が... [more] AP2022-237
pp.19-24
AP 2023-03-16
15:00
富山 富山県民会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
カラーイメージ法によるマルチパス推定の一検討
富永貴大須山 聡北尾光司郎中村光貴NTTドコモAP2022-239
現在,第6世代移動通信システム(6G)の実現に向けて,世界各国の機関において,精力的に研究開発が進められている.6Gシス... [more] AP2022-239
pp.31-36
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2023-03-17
11:35
沖縄 沖縄県青年会館(那覇市)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
屋外マルチパス環境における到来方向に基づく反射地点推定
山岸直輝松田崇弘都立大)・菅沼碩文満井 勉アンリツCQ2022-104
IRS (Inteligent Reflecting Surface) は,多くの受動素子から構成される反射版であり,入... [more] CQ2022-104
pp.125-130
 312件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会