お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 29件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2022-11-25
11:15
栃木 ホテルエピナール那須 (栃木県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
AR情報提示による自動走行時の搭乗者が受けるストレス軽減の調査
岡見洋佑澤邊太志藤本雄一郎神原誠之加藤博一奈良先端大
 [more]
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2022-11-25
11:35
栃木 ホテルエピナール那須 (栃木県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
自動走行車における完全没入を可能とするカプセル型XRモーションプラットフォームの検討
清水祐輝澤邊太志藤本雄一郎神原誠之加藤博一奈良先端大
 [more]
CNR 2022-09-22
13:00
北海道 北海道大学大学院情報科学研究院A-21
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
人の「話しながらなでる」動作の解析に基づくロボットによるタッチケアの評価
山内翔太郎澤邊太志奈良先端大)・佐藤 弥理研)・藤本雄一郎神原誠之加藤博一奈良先端大CNR2022-11
 [more] CNR2022-11
pp.18-22
CNR 2022-07-01
11:00
沖縄 沖縄産業支援センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
「なでながら話す」マルチモーダルインタラクティブエージェントのVR外見の変化と心地良さの印象評価
澤邊太志山内翔太郎神原誠之藤本雄一郎加藤博一奈良先端大CNR2022-3
本研究では,心地良いマルチモーダルインタラクティブエージェント実現のため, バーチャルリアリティ(VR)技術による,なで... [more] CNR2022-3
pp.12-14
CNR, BioX
(共催)
2022-03-04
11:00
ONLINE オンライン開催 タッチケアロボットのための人の「話しながらなでる」動作の解析
山内翔太郎澤邊太志藤本雄一郎神原誠之加藤博一奈良先端大BioX2021-50 CNR2021-31
昨今では介護士の不足や、在宅介護者の「介護疲れ」が深刻な問題となっており、タッチケアを人間の代わりに行う介護ロボットの導... [more] BioX2021-50 CNR2021-31
pp.21-24
IE, ITS
(共催)
ITE-AIT, ITE-ME, ITE-MMS
(共催)
(連催) [詳細]
2022-02-22
14:25
ONLINE オンライン開催 移動感覚制御のためのXRモビリティプラットフォーム
澤邊太志神原誠之藤本雄一郎加藤博一奈良先端大ITS2021-56 IE2021-65
本研究では,自動走行環境内での搭乗者の快適性向上を目的とし,XRモビリティプラットフォームを用いた移動感覚制御の手法を提... [more] ITS2021-56 IE2021-65
pp.184-189
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2021-11-26
15:00
東京 機械振興会館 (予定)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]継続利用意欲の向上を目的としたTVゲームを共にプレイする対話ロボットの提案
神田将吾澤邊太志神原誠之藤本雄一郎加藤博一奈良先端大SRW2021-43 SeMI2021-42 CNR2021-17
 [more] SRW2021-43 SeMI2021-42 CNR2021-17
pp.58-59(SRW), pp.45-46(SeMI), pp.35-36(CNR)
CNR 2021-07-07
13:30
ONLINE オンライン開催 自動走行時の快適性向上を目的としたXRモビリティプラットフォームの構築
澤邊太志神原誠之藤本雄一郎加藤博一奈良先端大CNR2021-2
自動運転分野において,継続的な利用という観点で必要となる搭乗者の快適性に関する研究は未だ少ない. 特に, 酔いという観点... [more] CNR2021-2
pp.4-7
CNR 2020-09-24
13:00
ONLINE オンライン開催 VR/ARを用いた視覚的変化による「なでながら話す」マルチモーダルインタラクティブロボットに関する心地良さの印象評価
澤邊太志本多 克藤本雄一郎神原誠之加藤博一奈良先端大CNR2020-1
本研究は,「なでながら話す」マルチモーダルインタラクションを有するロボットの外見の違いとインタラクションされている人の快... [more] CNR2020-1
pp.1-6
CNR 2019-08-28
10:30
北海道 札幌市資料館 マルチモーダルインタラクティブロボットにおける「なでる」動作速度と話速の関係性の評価
本多 克澤邊太志西村祥吾奈良先端大)・佐藤 弥京大)・藤本雄一郎Alexander Plopski神原誠之加藤博一奈良先端大CNR2019-12
認知症や寝たきりなどによる介護の必要な高齢者の増加に伴い,触れる動作と声掛けを行うタクティールマッサージやユマニチュード... [more] CNR2019-12
pp.1-6
CNR 2019-06-14
09:30
東京 Panasonic Laboratory Tokyo(パナソニックラボラトリー東京) 対話者の動作推定に基づくロボットによるミラーリングの影響に関する検討
栗田優輝西村祥吾奈良先端大)・佐藤 弥京大)・Alexander Plopski藤本雄一郎神原誠之加藤博一奈良先端大CNR2019-10
本研究では,ロボットとユーザの信頼関係構築を目指して,相手の無意識的な行動パターンを鏡に映したように真似する技術であるミ... [more] CNR2019-10
pp.49-53
IE, IMQ, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2016-03-07
11:20
沖縄 名桜大 在宅食事療法の栄養素情報の分析と動的な献立計画支援手法の提案
小島誠也奈良先端大)・冨田圭子木戸慎介近畿大)・森田 晶金谷重彦奈良先端大)・稲村真弥上西 梢近畿大)・武富貴史山本豪志朗サンドア クリスチャン加藤博一奈良先端大IMQ2015-34 IE2015-133 MVE2015-61
本稿では,慢性腎臓病患者の在宅食事療法における栄養素量の分析結果を示し,長期継続的な実践における精神的負担の軽減を目的と... [more] IMQ2015-34 IE2015-133 MVE2015-61
pp.43-48
MVE, HI-SIG-VR
(連催)
2012-09-27
14:45
北海道 総合文化会館、根室グランドホテル(根室市) カメラズームによる内部パラメータの変化を考慮した拡張現実感のためのカメラ位置・姿勢推定
岡田和也武富貴史山本豪志朗浦西友樹宮崎 純加藤博一奈良先端大MVE2012-33
本報告では,カメラズーム機能使用時の内部パラメータの変化を考慮したカメラ位置・姿勢推定手法を提案する.
本研究では,事... [more]
MVE2012-33
pp.37-42
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2011-01-20
13:55
滋賀 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス 拡張現実感辞書システムの開発とその有効性の評価
藤本雄一郎Chu Cheng Tse藤澤 誠天野敏之宮崎 純加藤博一奈良先端大PRMU2010-165 MVE2010-90
拡張現実感は実世界に仮想物体や情報を重畳表示する技術である.実世界の特定の位置を指示したり,位置に関連付けて情報を提示し... [more] PRMU2010-165 MVE2010-90
pp.97-100
DE 2008-12-01 東京 学習院 創立百周年記念会館 [ポスター講演]ロックフリーGCLOCKページ置換アルゴリズム
油井 誠奈良先端大/学振)・宮崎 純奈良先端大)・植村俊亮奈良産大)・加藤博一奈良先端大DE2008-53
GCLOCKに基づくロック不要のページ置換アルゴリズムを提案する.
現在のデータベース管理システムにおいて,バッファ管... [more]
DE2008-53
pp.5-6
MVE 2008-10-02
17:15
北海道 釧路市観光国際交流センター テーブルトップ型拡張現実感におけるMagicCupの提案と評価
明神聖子阪大)・加藤博一奈良先端大)・西田正吾阪大MVE2008-48
本論文では,テーブルトップ型拡張現実感に適した3次元仮想物体操作インタフェースとして,実物体のカップを操作インタフェース... [more] MVE2008-48
pp.15-20
HIP 2008-03-22
- 2008-03-23
福岡 北九州学術研究都市 実写ベースカーナビにおける交差点案内の情報提示手法に関する検討と評価
赤穂賢吾阪大)・加藤博一奈良先端大)・西田正吾阪大HIP2007-171
カーナビゲーションシステムの経路案内において,交差点で必要な情報を短時間で正確に運転者へ伝える点は改善する必要があるため... [more] HIP2007-171
pp.73-78
PRMU 2008-01-18
13:40
京都 龍谷大学 ISMAR2007報告
竹村治雄阪大)・加藤博一奈良先端大)・佐藤清秀キヤノン)・黒田知宏阪大)・大隈隆史産総研)・亀田能成筑波大PRMU2007-199
 [more] PRMU2007-199
pp.261-268
PRMU 2008-01-18
14:50
京都 龍谷大学 時空間画像を用いた自車両走行レーン位置認識
本多充知阪大)・加藤博一奈良先端大)・西田正吾阪大PRMU2007-201
 [more] PRMU2007-201
pp.275-280
PRMU 2008-01-17
14:45
京都 龍谷大学 仮想立体絵本のためのマルチコアCPUによるトラッキング
田村亮輔天野敏之加藤博一奈良先端大PRMU2007-177
 [more] PRMU2007-177
pp.121-122
 29件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会