お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 20件中 1~20件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2022-05-16
09:40
沖縄 沖縄産業支援センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
状況変化に対応するレジリエンスポテンシャルの特徴分析 ~ インタラクション設計に向けて ~
吉田 悠加間英貴中野 廉日大)・狩川大輔東北大)・青山久枝電子航法研)・鳥居塚 崇日大HCS2022-20 HIP2022-20
本研究では,作業者のレジリエンスポテンシャル(以下,RP)の向上を支援するためのシステム・インタラクションの実現を目指し... [more] HCS2022-20 HIP2022-20
pp.98-103
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2022-03-10
09:30
ONLINE オンライン開催 強靭な衛星サービス・インフラ構築に向けた状態遷移確率モデルを用いたシステム連携の評価
冨田悠貴神武直彦慶大CPSY2021-53 DC2021-87
衛星サービスの提供において、非修理系・高コスト・軌道制約といった宇宙システム特有の課題への対処が求められる。類似システム... [more] CPSY2021-53 DC2021-87
pp.50-55
ICM 2022-03-04
15:20
ONLINE オンライン開催 電力情報とネットワーク情報の連携・補完利用によるネットワーク強靭化方式の提案
佐藤 玲篠崎雄二中村義和大林憲彦藤本智也NTTICM2021-57
SDGsで「レジリエントなインフラ構築」が目標の一つであるように,社会経済活動の基盤となっている電力インフラと情報通信イ... [more] ICM2021-57
pp.78-83
HCS 2021-08-21
14:20
ONLINE オンライン開催 オンライン学習環境における学習者支援の方略 ~ 日本語教師のネットワーク構築と活動の事例から ~
尹 智鉉中大HCS2021-21
新型コロナウィルス感染症の流行により,日本国内外の多くの教育現場では急遽オンライン教育への移行を余儀なくされた.本発表で... [more] HCS2021-21
pp.25-27
R 2021-06-12
14:00
ONLINE オンライン開催 ネットワークのレジリエンス性能評価近似解法
佐川安正高橋奈津美弓削哲史防衛大R2021-11
レジリエンスはシステムの障害による被害低減だけでなく,障害発生後から修復中の状態変化を考慮した指標である.これまでのレジ... [more] R2021-11
pp.1-6
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2020-03-14
11:40
茨城 筑波技術大学春日キャンパス講堂
(開催中止,技報発行あり)
利用者に心のレジリエンスをもたらす情報提示手順 ~ 説得力のあるQ&Aシステム実現を目指すシステム設計手法 ~
久代紀之益井彩貴青山裕介九工大WIT2019-56
人は自身に関わる大きな出来事 (病気, 事故等) が起きた時に正しい意思決定ができなくなることがある。 このような状態を... [more] WIT2019-56
pp.97-102
ICTSSL 2019-05-31
10:25
北海道 北海道中小企業会館 避難者リスト作成・照会システムのレジリエンス確保に関する実験的検証
西浦升人相川進一宮本進生構造計画研)・田上敦士植田一暁KDDI総合研究所ICTSSL2019-6
災害発生時に避難所で稼働する情報システムを設計する上で重要なことは,想定外の事象で機能不全に陥らないシステムを設計するこ... [more] ICTSSL2019-6
pp.27-32
CCS 2018-11-22
16:00
兵庫 神戸大学 [招待講演]複雑ネットワークの動的頑強性
田中剛平東大CCS2018-39
実世界には,複雑なネットワークを構成するシステムが多数存在する.例えば,通信網や電力網のような工学的ネットワーク,神経回... [more] CCS2018-39
pp.33-38
SSS 2018-04-24
14:10
東京 機械振興会館 FRAM(機能共鳴分析手法)によるヒューマンエラー防止に係る安全解析
道浦康貴野本秀樹有人宇宙システムSSS2018-3
近年,宇宙機/航空機/自動車/鉄道などのシステムは大規模になるだけでなく,システムが自動制御されるという特徴がある.その... [more] SSS2018-3
pp.9-12
CS, NS, IN, NV
(併催)
2017-09-07
15:50
宮城 東北大学 電気通信研究所 [招待講演]固定翼型小型無人機を活用した災害時の通信確保に向けた取り組みとマルチロータ機への展開
三浦 龍小野文枝加川敏規単 麟滝沢賢一李 還幇児島史秀NICTNS2017-75 IN2017-27 CS2017-45
無人航空機(以下,無人機)はドローンやUAVとも呼ばれ,ホビー用,業務用の両面においてここ数年で急速に普及しつつある.現... [more] NS2017-75 IN2017-27 CS2017-45
pp.25-30(NS), pp.25-30(IN), pp.19-24(CS)
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2017-03-04
14:15
沖縄 カルチャーリゾート フェストーネ (沖縄県宜野湾市) Disaster-Resilient Dynamic Controller Placement in SDN
Victor Torres da CostaTokyo Inst. of Tech.)・Katsuyoshi IidaHokkaido Univ.)・Toyokazu AkiyamaKyoto Sangyo Univ.SITE2016-84 IA2016-114
In Software-Defined Networking (SDN), the control plane is c... [more] SITE2016-84 IA2016-114
pp.209-214
IN 2017-01-19
16:30
愛知 愛知県産業労働センター15F 愛知県立大学サテライトキャンパス [招待講演]東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のためのネットワークアーキテクチャについて
黒宮教之東京2020組織委員会IN2016-91
2020年夏に東京でオリンピック・パラリンピック競技大会が開催される.大会関係者に対し信頼性の高いICTインフラを提供す... [more] IN2016-91
pp.37-42
WBS, ITS
(併催)
2014-12-19
11:35
熊本 熊本大学 耐干渉無線通信方式に関する検討
鈴木和雅石岡和明佐野裕康岡村 敦三菱電機WBS2014-53
新しい無線通信システムの導入を考えた場合に,専用の周波数バンドが割り当てられる免許波を使用することは,電波が逼迫している... [more] WBS2014-53
pp.77-81
AI 2014-11-29
10:30
福岡 九州工業大学 サテライト福岡天神11階 拡張GSNを用いた批判的なレジリエンスコミュニケーションの促進
木藤浩之・○大澤幸生東大AI2014-25
データ市場の発展に伴い,データを議論の原動力とするデータ駆動型議論が可能となる.本稿ではゴール構造表記法の拡張に注目し,... [more] AI2014-25
pp.1-4
SSS 2014-08-28
13:00
東京 機械振興会館 [基調講演]安全をどう定義,評価し,向上させていくか
伊藤 誠筑波大SSS2014-13
本講演では,複雑化しつつある今日の社会情勢をふまえ,安全の定義,評価の方法,改善の方法について改めて問い直してみたい.そ... [more] SSS2014-13
pp.1-4
SSS 2014-04-17
15:00
東京 日大理工学部駿河台キャンパス 航空機対の最近接条件に基づくレジリエンス指標
長岡 栄ブラウン マーク電子航法研SSS2014-4
今後の航空交通管理では航空機の軌道情報が基礎になる.空域設計や航空交通管理の研究には空域の安全性や複雑さなどの指標が要る... [more] SSS2014-4
pp.13-16
NS, IN
(併催)
2014-03-07
10:20
宮崎 宮崎シーガイア 耐故障性を備えたマルチレイヤネットワークの設計手法と評価
大室陽貴見越大樹竹中豊文日大NS2013-238
マルチレイヤネットワークにおける耐故障性を実現する方式として,複数の予備光パスで同一の波長を予約し,故障発生時に切り替え... [more] NS2013-238
pp.355-360
ASN, RCS, NS, SR
(併催)
2013-07-19
17:10
静岡 アクトシティ浜松 資本損失を考慮した通信サービス途絶時の経済被害額評価法の提案
中西靖人唐澤秀一越地弘順船越裕介松林泰則NTTNS2013-70
筆者らは,通信サービス途絶時の社会的影響を経済被害額として評価する手法の検討を進めてきた.
通信サービス途絶の影響をコ... [more]
NS2013-70
pp.197-202
NS, IN
(併催)
2013-03-08
14:00
沖縄 残波岬ロイヤルホテル 耐故障性を備えたマルチレイヤネットワークの設計手法と評価
大室陽貴見越大樹竹中豊文日大NS2012-268
近年,WDM等を用いた大容量の光パスネットワーク上に,IPネットワークを構築するマルチレイヤネットワークが注目されている... [more] NS2012-268
pp.601-606
IN, NS
(併催)
2006-03-02
09:50
沖縄 リザンシーパークホテル谷茶ベイ(沖縄) 高速なファイル検索,取得のための障害回復力のあるP2P論理網構築手法
笹部昌弘若宮直紀村田正幸阪大
P2Pファイル共有システムではピアは論理網を利用して所望するファイルの検索
を行うため,論理網の構造が下位の物理網の... [more]
IN2005-178
pp.131-136
 20件中 1~20件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会