お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 43件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SS 2023-03-15
13:45
沖縄 名護市産業支援センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
アブレーションによる故障箇所特定における符号化方法とアブレーション方法の改善
池田拓真岡野浩三小形真平信州大)・中島 震NIISS2022-67
プログラムの実行情報を用いてソースコードの故障箇所を特定する技術としてSpectrum-based Fault Loca... [more] SS2022-67
pp.121-126
NLC 2022-09-13
13:20
神奈川 慶應義塾大学 矢上キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
単語の分散表現と意味的なベクトル演算に基づく関連キーワード推定
瀬川 修中部電力)・村上一彦中電シーティーアイNLC2022-4
従来,テキストマイニング等における関連キーワードの推定においては,観測窓内の単語分布に基づく共起性の評価による手法が用い... [more] NLC2022-4
pp.1-4
DC, CPSY
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2021-10-12
11:30
ONLINE オンライン開催 単語分散表現のオンライン逐次学習を用いた更新方法
伊藤 響松谷宏紀慶大CPSY2021-17 DC2021-17
既存のWord2vecの実装では、バッチ学習を行っているために再学習時のモデル破棄や学習用データの一時的な保存に大きなメ... [more] CPSY2021-17 DC2021-17
pp.31-36
KBSE 2021-03-05
13:05
ONLINE オンライン開催 トレーサビリティリンク生成における自然言語処理モデルの性能比較
新田壮史中川博之土屋達弘阪大KBSE2020-34
近年ではソフトウェア規模の拡大に伴い,要求,テスト記述等の文書数も増大し,手作業によるトレーサビリティリンクの確立に大き... [more] KBSE2020-34
pp.1-6
SS 2021-03-04
10:50
ONLINE オンライン開催 不適切なゴール詳細化検出のためのゴール記述類似度算出法の比較
飯島 慧林 晋平佐伯元司東工大SS2020-39
ソフトウェア開発における要求分析工程の支援の手段としてゴール指向要求分析法が存在する.ゴールグラフ中の不適切な詳細化の自... [more] SS2020-39
pp.67-72
MVE, IMQ, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2021-03-01
16:05
ONLINE オンライン開催(崇城大学から変更) ディープラーニングを用いた料理画像から味の予測システム
吉岡明信陳 キュウ工学院大IMQ2020-17 IE2020-57 MVE2020-49
近年,ソーシャルメディア等には大量の料理画像が掲載され,人々の生活に身近な存在になっている.しかし,自分が知らない料理の... [more] IMQ2020-17 IE2020-57 MVE2020-49
pp.34-39
DE, IPSJ-DBS
(連催)
2020-12-22
12:40
ONLINE オンライン開催 Wikipediaのカテゴリとエンティティベクトルを用いたTwitterユーザの言及分野の抽出
中谷将佳史湯本高行礒川悌次郎上浦尚武兵庫県立大DE2020-24
代表的なSNSの一つであるTwitterには,情報発信元のユーザをよく知らないまま,情報を鵜呑みにして拡散してしまうなど... [more] DE2020-24
pp.42-47
NLC, IPSJ-NL
(連催)
SP, IPSJ-SLP
(連催)
(併催) [詳細]
2019-12-04
11:15
東京 NHK放送技術研究所 LSTMの前処理としての特徴選択の有効性
古賀詩織峯 恒憲廣川佐千男九大NLC2019-31
RNNの中でも特にLSTMは長期記憶が可能で,より優れた文脈情報を含んだ情報の獲得が期待でき,分類問題をはじめ,様々な問... [more] NLC2019-31
pp.13-18
NLC, IPSJ-NL
(連催)
SP, IPSJ-SLP
(連催)
(併催) [詳細]
2019-12-04
15:05
東京 NHK放送技術研究所 テキストマイニングによる臨床研究関連法令の特徴と関連性解釈の可能性
大城絢子植田真一郎琉球大医学部附属病院NLC2019-33
臨床研究を対象とした複数の法令が改訂・施行され、関係する医療者は通常の診療業務対応と臨床研究スキルの習得に加え、これらの... [more] NLC2019-33
pp.35-40
AI 2019-11-28
15:15
福岡 九州大学 伊都キャンパス W2Vを用いたLSTMの前処理としての特徴選択の有効性
古賀詩織峯 恒憲廣川佐千男九大AI2019-34
RNNの中でも特にLSTMは長期記憶が可能で,より優れた文脈情報を含んだ情報の獲得が期待でき,分類問題をはじめ,様々な問... [more] AI2019-34
pp.25-30
HCS 2019-10-26
10:40
東京 日本大学三軒茶屋キャンパス 広告配信要求ログを用いたパーソナリティ推定
小林亮博石川雄一KDDI総合研究所)・黒柳 茂Supership)・南川敦宣KDDI総合研究所HCS2019-40
近年,性格や価値観といったユーザのパーソナリティと広告効果との関係に注目が集まっており,Webページに訪れるユーザのパー... [more] HCS2019-40
pp.1-6
TL 2019-09-29
14:35
北海道 独立行政法人国立高等専門学校機構 函館工業高等専門学校 単語の分散表現とトピックモデルを利用した隠語の検出
ギ イツリン労 瑛瑩韓 東力日大TL2019-39
自然言語の分析においては、分析の障害となりうる隠語と呼ばれる現象が存在する。既存研究では未知語としての隠語に関する処理方... [more] TL2019-39
pp.11-15
NLC, IPSJ-DC
(連催)
2019-09-28
17:30
東京 フューチャー株式会社 既知の単語の分散表現を用いた未知の複合語の分散表現の推定法
高木涼太風間一洋和歌山大)・榊 剛史ホットリンクNLC2019-27
近年,単語の意味を低次元のベクトル表現として扱う分散表現が広く使われている.この分散表現を求め る手法は様々であるが,例... [more] NLC2019-27
pp.103-108
NLC, IPSJ-DC
(連催)
2019-09-28
17:55
東京 フューチャー株式会社 宇宙機関連テキストデータの分散表現モデルの比較手法の検討
大久保梨思子倉林 翔森 健史波平晃佑植田泰士片平真史JAXA)・天笠俊之筑波大NLC2019-28
本稿では,word2vec で学習した単語の分散表現モデルの質について,実タスクへの適用の前に評価する方法の検討結果を報... [more] NLC2019-28
pp.109-114
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2019-03-15
09:50
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス SNSを用いた通信品質推定のための単語分類
切替尊明早大)・矢守恭子朝日大/早大)・田中良明早大CQ2018-108
ユーザ体感品質QoEは,アプリケーション,ユーザの状況,利用目的などと関わり合いがあるので, 単純な品質測定だけでは評価... [more] CQ2018-108
pp.87-90
NC, MBE
(併催)
2019-03-04
13:25
東京 電気通信大学 ニューラルネットを用いた逆埋め込み関数の近似と、その文書データ分布の解釈への応用
溝渕湧也八谷大岳和歌山大NC2018-54
近年、webページ間の関係性などを分析し、有益な情報をユーザーに提供するサービスに期待が寄せられている。そのサービスを実... [more] NC2018-54
pp.61-66
IN 2019-01-22
11:15
愛知 愛知県産業労働センター15F 愛知県立大学サテライトキャンパス 実用的な模擬面接システムのための質疑応答における論理破綻検出
清水康平荒澤孔明渡邊稜平服部 峻室蘭工大IN2018-83
就職活動において面接は,企業が求める人材を獲得するための重要な試験である.面接では,様々な観点から志願者を精査しているが... [more] IN2018-83
pp.63-68
NLC, IPSJ-NL
(連催)
SP, IPSJ-SLP
(連催)
(併催) [詳細]
2018-12-11
14:15
東京 早稲田大学西早稲田キャンパス 単語分散表現を用いたEarth Mover’s Distanceと文長の違いに基づく類似度による対訳文の自動抽出
田上 諒越前谷 博北海学園大)・荒木健治北大NLC2018-30
本報告では,対訳辞書などの高品質な対訳知識を用いることなく,コンパラブルコーパスから対訳文を自動抽出する手法を提案する.... [more] NLC2018-30
pp.3-8
IBISML 2018-11-05
15:10
北海道 北海道民活動センター(かでる2.7) [ポスター講演]Transfer Learning Among Time Series Data
Hao NiuKei YonekawaMori KurokawaArei KobayashiKDDI ResearchIBISML2018-101
(事前公開アブストラクト) Time series data are widely used in various fi... [more] IBISML2018-101
pp.425-428
SSS 2018-09-25
14:10
東京 機械振興会館 地下3階2号室 ニューラルネットワークによる薬局ヒヤリハット事例における発生要因再分類
小張慶樹木村昌臣芝浦工大SSS2018-21
薬局ヒヤリハット事例とは薬局で起こった, 結果として事故にならなかったが一歩間違えれば医療事故になった可能性のある事例を... [more] SSS2018-21
pp.9-12
 43件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会