お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 38件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
VLD, HWS, ICD
(共催)
2024-02-29
12:05
沖縄 沖縄県男女共同参画センター【てぃるる】
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
マルチチップアセンブリにおけるチップ近傍排熱特性の評価と解析
横田脩平長谷川陸宇門田和樹沖殿貴朗三木拓司永田 真神戸大VLD2023-112 HWS2023-72 ICD2023-101
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] VLD2023-112 HWS2023-72 ICD2023-101
pp.77-82
VLD, HWS, ICD
(共催)
2024-03-01
11:15
沖縄 沖縄県男女共同参画センター【てぃるる】
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
オンチップLDOによる電磁波照射ノイズ低減効果の検討
長谷川陸宇門田和樹弘原海拓也三木拓司永田 真神戸大VLD2023-124 HWS2023-84 ICD2023-113
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] VLD2023-124 HWS2023-84 ICD2023-113
pp.131-134
VLD, DC, RECONF, ICD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2023-11-17
09:35
熊本 くまもと市民会館シアーズホーム夢ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
チップ裏面シリコン基板電位によるサイドチャネル攻撃とシミュレーション
長谷川陸宇門田和樹弘原海拓也三木拓司永田 真神戸大VLD2023-63 ICD2023-71 DC2023-70 RECONF2023-66
暗号回路を搭載しているICチップには回路の動作に起因するサイドチャネル情報を解析することにより暗号回路の秘密鍵を解読する... [more] VLD2023-63 ICD2023-71 DC2023-70 RECONF2023-66
pp.173-177
VLD, DC, RECONF, ICD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2023-11-17
10:00
熊本 くまもと市民会館シアーズホーム夢ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
裏面電圧故障注入を用いた差分故障解析による秘密鍵導出
林 佑亮長谷川陸宇弘原海拓也門田和樹三木拓司永田 真神戸大VLD2023-64 ICD2023-72 DC2023-71 RECONF2023-67
暗号集積回路(IC)チップに対する故障注入攻撃における故障注入手法として、これまで正確性のあるレーザーが代表的な手法とし... [more] VLD2023-64 ICD2023-72 DC2023-71 RECONF2023-67
pp.178-181
ICD, HWS
(共催)
2023-10-31
15:00
三重 いせシティプラザ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
セキュリティ向け三次元積層チップ の検討
門田和樹長谷川陸宇三木拓司永田 真神戸大HWS2023-57 ICD2023-36
2.5次元/三次元パッケージング技術は、1つのパッケージに複数のICチップを実装する方法として注目されている。これらの技... [more] HWS2023-57 ICD2023-36
pp.16-19
SDM, ICD
(共催)
ITE-IST
(連催) [詳細]
2023-08-01
10:45
北海道 北海道大学 情報教育館 3F
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
量子デバイスの環境モニタリングに向けた極低温AD変換器の検討
山田友弥髙橋亮蔵三木拓司永田 真神戸大SDM2023-36 ICD2023-15
誤り耐性型量子コンピュータを実現するためには,量子ビットの大規模化が不可欠である.しかし,量子ビット数の増加にともない,... [more] SDM2023-36 ICD2023-15
pp.6-9
SDM, ICD
(共催)
ITE-IST
(連催) [詳細]
2023-08-01
11:10
北海道 北海道大学 情報教育館 3F
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
量子コンピュータ向けフリップチップシリコンインターポーザの極低温評価
田口美里高橋亮蔵神戸大)・加藤薫子楠野順弘日立)・三木拓司永田 真神戸大SDM2023-37 ICD2023-16
近年,次世代型計算機として量子コンピュータが注目を集めているが,現代のスーパーコンピュータを凌ぐほどの演算能力を有する量... [more] SDM2023-37 ICD2023-16
pp.10-13
HWS 2023-04-14
13:20
大分 湯布院公民館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ハードウェアトロージャン検知に向けた電源電流シミュレーション手法の検討
隠岐貴文門田和樹三木拓司永田 真神戸大HWS2023-1
近年の情報通信技術の発達に伴い、そこで用いられる電子デバイスの制御に必要なIC(Integrated Circuit)チ... [more] HWS2023-1
pp.1-5
HWS 2023-04-14
14:45
大分 湯布院公民館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
暗号ICチップの電磁的故障注入攻撃における解析手法の検討
林 佑亮長谷川陸宇弘原海拓也門田和樹三木拓司永田 真神戸大HWS2023-4
暗号集積回路(IC)チップに対する故障注入攻撃における故障注入手法にはレーザーや電磁波などといった様々な手法がある。一方... [more] HWS2023-4
pp.11-15
HWS 2023-04-14
15:10
大分 湯布院公民館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
暗号ICチップの電磁的故障注入攻撃とチップ内部電圧応答の解析
長谷川陸宇弘原海拓也門田和樹三木拓司永田 真神戸大HWS2023-5
暗号ICチップには暗号回路動作中に電磁波やグリッジの挿入などにより意図的に故障注入を行うことによって回路の誤動作を引き起... [more] HWS2023-5
pp.16-19
HWS, VLD
(共催)
2023-03-04
13:55
沖縄 沖縄県青年会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
セキュア半導体システムにおける電源結合網の評価 と回路改竄検知への応用
眞柴 将門田和樹神戸大)・沖殿貴朗SCU)・三木拓司永田 真神戸大VLD2022-121 HWS2022-92
IoT の発展に伴い、セキュリティの重要性は増している。ハードウェアが取り扱っている秘密情報などは暗号化することで悪意あ... [more] VLD2022-121 HWS2022-92
pp.267-272
HWS, VLD
(共催)
2023-03-04
14:20
沖縄 沖縄県青年会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
暗号マルチチップモジュールのサイドチャネル情報漏洩耐性評価
松丸琢弥門田和樹神戸大)・沖殿貴朗SCU)・三木拓司永田 真神戸大VLD2022-122 HWS2022-93
マルチチップパッケージング技術の需要が上昇している。本研究では、特に 2.5D 実装と3D 実
装という2 種類のパッ... [more]
VLD2022-122 HWS2022-93
pp.273-278
VLD, DC, RECONF, ICD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2022-11-29
14:40
熊本 金沢市文化ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
暗号モジュール搭載チップのシステムレベルセキュリティ評価
松丸琢弥門田和樹神戸大)・沖殿貴朗SCU)・三木拓司永田 真神戸大VLD2022-32 ICD2022-49 DC2022-48 RECONF2022-55
パッケージング技術とは、半導体チップをフレームに封入する際に用いられる技術であり、近年集積回路の性能を向上させる技術とし... [more] VLD2022-32 ICD2022-49 DC2022-48 RECONF2022-55
pp.78-81
VLD, DC, RECONF, ICD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2022-11-29
15:05
熊本 金沢市文化ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
セキュア半導体システムにおける電源結合網の評価
眞柴 将門田和樹神戸大)・沖殿貴朗SCU)・三木拓司永田 真神戸大VLD2022-33 ICD2022-50 DC2022-49 RECONF2022-56
IoTの発展に伴い、ハードウェアセキュリティの重要性は高まっている。暗号プロセッサに対する物理的な攻撃は高度な情報社会に... [more] VLD2022-33 ICD2022-50 DC2022-49 RECONF2022-56
pp.82-86
HWS, ICD
(共催)
2022-10-25
10:50
滋賀 立命館びわこくさつキャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
暗号ICチップの電源電流シミュレーションとサイドチャネル漏洩評価
長谷川陸宇弘原海拓也門田和樹三木拓司永田 真神戸大HWS2022-32 ICD2022-24
暗号モジュールには動作に起因するサイドチャネル情報より内部の秘匿情報を解読するサイドチャネル攻撃の脅威が存在する。本稿で... [more] HWS2022-32 ICD2022-24
pp.12-16
ICD, SDM
(共催)
ITE-IST
(連催) [詳細]
2022-08-08
15:20
ONLINE オンライン開催に変更 現地開催(北海道大学百年記念会館)は中止 フリップチップパッケージングにおける裏面電圧擾乱印加とICチップ応答の評価
弘原海拓也河合航平長谷川陸宇神戸大)・村松菊男e-SYNC)・長谷川 弘澤田卓也福島崇仁金銅 恒メガチップス)・三木拓司永田 真神戸大SDM2022-40 ICD2022-8
半導体ICの実装技術は小面積化が求められ、フリップチップ実装が一般的となっている。しかし、IC裏面が露出することであらゆ... [more] SDM2022-40 ICD2022-8
pp.27-30
ICD, SDM
(共催)
ITE-IST
(連催) [詳細]
2022-08-08
16:10
ONLINE オンライン開催に変更 現地開催(北海道大学百年記念会館)は中止 大規模量子ビットアレイの高精度制御に向けた極低温DA変換器の設計
高橋亮蔵三木拓司永田 真神戸大SDM2022-42 ICD2022-10
大規模量子コンピュータにおいて量子ビットの制御に使用する、極低温動作可能な電荷再配分型DAコンバータ(DAC)を設計した... [more] SDM2022-42 ICD2022-10
pp.37-40
EMCJ 2022-06-10
11:00
北海道 北海道大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
イーサネット通信システムへのバルク電流注入による外部擾乱耐性の評価(2)
河合航平弘原海拓也神戸大)・岡本 健奥川雄一郎NTT)・三木拓司永田 真神戸大EMCJ2022-18
 [more] EMCJ2022-18
pp.21-25
EMCJ 2022-01-21
11:20
ONLINE オンライン開催に変更 イーサネット通信システムへのバルク電流注入による外部擾乱耐性の評価
河合航平弘原海拓也塚田 彬神戸大)・岡本 健奥川雄一郎NTT)・三木拓司永田 真神戸大EMCJ2021-64
本稿ではイーサネットの外部擾乱による通信障害発生モデルを構築し、実験データの収集を行った。イーサネットの規格である100... [more] EMCJ2021-64
pp.18-22
VLD, DC, RECONF, ICD, IPSJ-SLDM
(連催)
(併催) [詳細]
2021-12-01
14:20
ONLINE オンライン開催 デュアルモードSAR ADCを用いた電源ノイズ解析攻撃の検知手法の考案
弘原海拓也三木拓司永田 真神戸大VLD2021-30 ICD2021-40 DC2021-36 RECONF2021-38
IoT機器が悪意のある攻撃者の標的として脅威に晒されている。そこで、電源ラインに対する意図的な機器挿入に起因するインピー... [more] VLD2021-30 ICD2021-40 DC2021-36 RECONF2021-38
pp.78-82
 38件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会